プログラマーが激務なのは限られた期間だけ

プログラマーとは、システム開発やWebサービスの開発、スマートフォンアプリの開発で、設計書に従ってプログラムを書く職種のことを指します。
中には、プログラム以外にもその上流工程の設計書作成に携わったり、下流工程のテストにも関わることもあります。使われているプログラム言語でメジャーなものはJavaですが、システムによっては採用される言語が異なるので複数の言語が使える人は有利です。
一つのプログラム言語を習得してしまえば、文法規則やオブジェクト指向などのプログラムの性質や考え方は応用して展開できるので、複数のプログラム言語を習得することは珍しくはないです。

担当したシステムで未知の言語を使うこともありますが、OJTで習得可能です。
プログラム開発では、佳境に入ると、プログラマーの仕事は激務になる傾向があり朝から夜中まで作業が続きます。締め切り間際の時は、会社に泊まり込みで作業をすることもあり精神的にも肉体的にも疲弊します。
しかし、この激務な状態はプログラムの納期が迫っているときに限るもので、年間を通してこのような状況というわけではありません。システム開発には流れがあって、設計、プログラム、テストの順で進めていくのですが、プログラマーにとっては設計の初期段階やプログラムのテストが終わった後は作業があまり無いので余裕があります。
そのため、開発の切れ目の段階でまとまった休みを取ることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です