プログラマーが激務に感じる魅力

システムやプログラムの開発を行う現場において、ボトルネックとなるのはプログラミングによる最終的な制作に当たる部分となることが多いため、それを担うプログラマーは常にプレッシャーを受けながら仕事をすることになります。
そのため、上層部からの強制力があるか否かにかかわらず、自発的に自分の仕事を激務にせざるを得ない状況に立たされることも少なくありません。

それを負担に感じる人もいるものの、多くのプログラマーはプログラミングを行うことが好きで業界入りしているため、むしろ好きなことに携わって働くことが公式に認められることによって、残業手当や休日手当も出るということを魅力に感じて仕事に勤しむ傾向があります。他人が見たら激務であっても、実際に仕事している本人は仕事の辛さを感じていないことが多いのです。

もともとプログラマーの年収は必要とされているスキルの高さの割には高くないものの、こういった残業や休日出勤ができるために比較的高い水準を保てているという特徴もあります。そのため、実際の現場では激務が歓迎されて魅力的なものとして捉えられていることは多いのです。

しかし、そういった状況に魅力を感じていられるのは、多くの場合は独身の間のみであり、結婚して家庭生活を重視したくなると辛いものになってきます。
激務が辛いと感じた場合にも、プログラマとして需要の高いスキルを有していることで、転職の自由度が高く、適度な忙しさの職場探しが容易にできたり、フリーに転身して案件を獲得したりしやすいのが魅力的な点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です